特定非営利活動法人
芦屋水練学校
日本泳法とは
TOP

日本泳法とは、武芸の一つとして古くから伝えられてきた泳法です。海や川、池などで様々な自然環境に合わせて、その目的別にいろいろな泳ぎが生まれました。通常の泳ぎ以外に、長距離を泳ぐため、身を守るための泳ぎ、水中戦闘、更には泳力誇示するための華々しい泳ぎなどもあり、かつては武士のたしなみとして重んじられていました。
現在、全国に13流派があり、芦屋水練学校は小池流として伝承・普及を目的に活動しております。

水練学校とは
沿 革

芦屋水練学校創設者、故高石勝男は昭和24年に芦屋浜での水練学校を開校するに至り“国民皆泳”を理念として開校した。
プールで泳ぐ競泳とは違い、海での泳ぎを友人の小池流第十代宗家・加藤石雄に日本泳法・小池流(※1)の指導を仰いだ。元々堂島川の水練学校から本間秀二郎門下の指導者達が阪神間、特に帝国水友会(香露園水練学校)で指導していた。戦後、帝国水友会は解散し、指導者達は芦屋水友会(芦屋水練学校)へと集まった。
時の師範、中田留吉はクロール泳法をいち早く取り入れ茨木中学で高石を指導した。後に高石は二度のオリンピックに(自由形で)出場する。
又、一方中田は野島流の達人でもあった。(当時は野島流・小池流の区別なし)そこで、加藤石雄・中田留吉が芦屋水練学校で積極的に小池流の指導にあたり、多くの指導者を輩出した。
水練学校の教程は小池流の蛙足平泳ぎを基本として芦屋浜で指導した。第2回日本泳法大会(昭和33年)には当校の古薮純三が優勝した。
その後、芦屋で小池流は益々隆盛を極め日本泳法大会では外国人泳者を含め続々と入賞者が出てくることに成る。毎夏大阪プールで開催された競泳の日豪対抗や日米対抗には、必ず小池流泳者の日本泳法演示が行われた。又、東京オリンピック(当時 日水連会長・高石勝男)にも同様に加藤門下の井上紘一、井上英哉、服部耀、暮部清俊、鈴木誠が各国水泳関係者に、そのインテリジェンスな泳ぎを披露し驚嘆と喝采を浴びた。
高石校長亡き後、一時期日本泳法は、基本泳法の指導に終始したが、今日生涯スポーツの重要性から現在の指導者達がしっかりと取り組みだした。現在、兵庫県水泳連盟・泳法研修所でも当校師範の鈴木誠が指導に当っている。

(※1)

小池流とは

元和5年(1619年)徳川頼宣が駿河(静岡県)より紀州(和歌山県)へ入国したとき、船手奉行竹本丹後配下の水軍の士として従った小池久兵衛成行を流祖とし、蛙足平泳ぎを基本としている。
4代小池房長は水芸(水泳)の技術優秀なるをもって、藩主より水右衛門の名跡を賜り、以降7代敬信まで代々水右衛門を襲名している。
明治になって和歌山の小池水泳場出身、本間秀二郎が大阪の堂島川に水練学校を開き、浜寺水練学校の初代師範井上康治・富造兄弟をはじめとする多くの人材を産み出し、浪花游泳同士会を結成して阪神地方の水泳普及に大いに貢献した。
幕末の資料によると、小池家は自身の流儀を野嶋流水芸と名乗っていた。その為、阪神地方では小池家の流儀を一般 に野嶋流と呼んでいた。
一方伊勢(三重県)田丸では、天明6年(1786年)4代房長の門弟、加藤良房が城主の命により、外城田川及び宮川で小池流と称し藩士を指導、以後代々高弟が師範を継承し、廃藩まで続いた。
加藤良房の曾孫竹雄は明治34年(1901年)名古屋水泳協会を設立し、京浜地方に広く小池流を普及指導した。竹雄の後継者、長男加藤石雄は昭和6年(1931年)9代小池長之助より道統を譲られた為、和歌山・田丸の二系統が統一され、今日の小池流になった。
            
             (日本水泳連盟HPより抜粋)

入校案内
日本泳法
水泳記録会
ブログ
メール