芦屋水練学校は、故 高石勝男氏(元オリンピック自由形選手)の呼びかけで「国民皆泳」「水難事故防止」「低年齢層からの水泳選手強化」を目標に、芦屋市・芦屋市教育委員会などの協力を得て、昭和24年に創立しました。
第1回から第14回までは芦屋浜で行われましたが、埋め立て工事計画が進み、第18回から現在の朝日ヶ丘市民プールでの開校することになりました。
2003年まで水練学校の運営は、水練学校卒業生で構成される芦屋水友会が行ってきましたが、2004年度より
「NPO法人 芦屋水練学校」が主体となって行っています。

水練学校とは
特定非営利活動法人
プロフィール

大正13年 第8回パリ大会出場
昭和03年 第9回アムステルダム大会出場(100m自由形 銅、800mリレー 銀)
昭和07年 第10回ロサンゼルス大会出場
昭和24年 芦屋水練学校創立
昭和36年 日本水泳連盟会長・日本体育協会理事就任
昭和36年 紫綬褒章授賞(昭和36年)
昭和41年 逝去・叙正五位授勲三等瑞宝章


芦屋ゆかりのスポーツ人物像② (芦屋市HPにリンクします)

Wikipedia: 高石勝男

芦屋水練学校
TOP
水練学校とは
NPO法人芦屋水練学校とは
入校案内

名 称 :特定非営利活動法人 芦屋水練学校
設 立 :平成16年4月27日
理事長 :井上治己
事務所 :芦屋市船戸町3-25 ラインビルド芦屋船戸303
TEL&FAX :0797-31-8860

設立趣旨:
この法人は児童等に対して各種泳法(日本泳法、競泳)の指導に関する事業を行うとともに、公営プール場の運営管理に関する事業を行って、これを廃れつつある日本泳法(立泳ぎ、平泳ぎ等)の効用を広く市民に再認識させる拠点とし、ここにおいて随時これらの指導を行うことによって日本泳法の継承並びに振興を図り、もって水難による死亡事故の減少に寄与することを目的とする。

指定管理者制度:

地方公共団体が設置する「公の施設」の管理を旧制度の管理委託制度から、「指定管理者」として議会の承認を得ることで民間事業者にも行なうことができるとされた制度。

実 績

平成18年4月1日~平成21年3月31日 朝日ヶ丘公園プール
平成21年4月1日~平成26年3月31日 朝日ヶ丘公園プール
平成26年4月1日~平成31年3月31日 朝日ヶ丘公園プール

日本泳法
高石勝男とは
水泳記録会
ブログ
メール